白ロム赤ロムネットワーク利用制限にご注意

 キャリア以外に売られている中古や新古品の携帯電話が販売されている。

 最近の携帯電話やスマートフォンは値段が高いため、中古や新古品の携帯電話にSIMカードだけ入れて利用したりする。

 白ロムというやつ。

 でも、赤ロムというのもあるんだそうだ。

白ロムと赤ロムはどう違う?

白ロムってどんなもの

 白ロムは、一度人手に渡ったものをSIMカードなしで再販売しているもの。

 きちんと料金の支払いが終わっている。

 料金の支払いが終わっているのでSIMカードを入れ替えればきちんと使える。

赤ロムは?

 料金の支払いを終えていない末端。

 ある日突然ネットワーク利用制限がかかって、アンテナが赤くなった挙句、利用ができなくなるかも知れない。

ネットワーク利用制限とは?

 料金の滞納・不正入手・盗品の転売などに対する処置。

 例えば前の利用者が分割払いでその末端を買っていた場合、まだ全ての末端料金を払い終えていない段階で売ってしまった場合。

 前の持ち主が料金を払い続けているか、一括で払ってくれれば問題ない。

 けど、前の持ち主が末端代金未払いということになると制限がかかって利用できなくなる。

ネットワーク利用制限の対応機種かどうかを確認する方にはどうしたらいいのだろう?

ネットワーク利用制限がかかっていないか調べる方法

 それぞれのキャリアでは「ネットワーク制限機種の判定ページ」というのを公開している。

・ドコモのネットワーク利用制限機種の判定ページ

・ソフトバンクネットワーク利用制限機種の判定ページ

auネットワーク利用制限機種の判定ページ

 サイトページで、買おうとする機種の製品番号を入力すれば、「ネットワーク利用制限がついて機種かどうか」調べることができる。

判定ページの見方

 ○は問題ない製品番号。

 △は『今は問題ないけど、もしかすると、今後問題がおきるかもしれない製品番号(前の購入者が分割で購入し、まだ、購入代金を支払い終えていないなど)』

 ×は『ネットワーク利用制限がかかっている製品番号』

 -は『データーなし』

 *auの場合、-の表示の意味が違っていて、『問題ない製品番号』『データーなし』の両方で表示される場合があるとのこと。

 きちんとした販売店は、製品番号が記載されているの。

 製品番号を公開していない店舗で中古携帯電話を買わないようにしたほうが無難だと思う。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

 TOP