ES ファイルエクスプローラーを使ってみよう

 パソコンとAndroid末端のデータ共有は、USBケーブルやSDカードを使う方法だけじゃない。

 無線LANルーターなどのWi-Fi接続が出来る環境があれば、ケーブルでつないだり、SDカードの抜き差しをしなくてもデータの共有が出来る。

 いや、無線LANが無くても、Windowsの「SoftAP」と「Virtual Wi-Fi(wireless
hosted network
機能・仮想WiFi)」を使えば、無線LANルーターを利用したときと同様に、Android末端とPCのファイル共有は簡単にできる。

用意するもの

・無線LANルーターまたは、無線LANアダプタ内臓PCと「SoftAP」「Virtual
Wi-Fi(wireless hosted network 機能・仮想WiFi)」

・Androidアプリ「ES ファイルエクスプローラー」

 今回は、「SoftAP」と「Virtual Wi-Fi(wireless hosted network
機能・仮想WiFi)」を簡単に設定するフリーソフトVirtual Routerを利用して、無線LANルーターの代わりにする。

Windows7パソコン側のファイル共有設定

1、パソコンの任意の場所に新しくフォルダを作る。

1)任意の場所で右クリック⇒『新規作成』⇒『フォルダ』。
2)作ったフォルダを右クリック⇒『名前の変更』⇒任意の名前をつける。

2、作成したフォルダを右クリック⇒『プロパティ』⇒『共有』タブをクリック。

3、『ネットワークと共有センター』をクリックし、『パスワード保護の共有を無効にする』にチェックを入れる⇒『変更の保存』ボタンをクリック。

4、『共有』ボタンをクリック。

5、Guestを選択⇒『追加』ボタンをクリック。

6、下のボックスにGuestが追加されるので、そのGuestの部分をクリック⇒アクセスの許可レベルを選択。

*『読み取り』の場合は、Android側では閲覧のみで編集できない。

 Android側で編集するためには、『読み取り・書き込み』にすること。

7、『共有』ボタンをクリック。

8、『終了』ボタンをクリック。

Android末端に「ES ファイルエクスプローラー」をインストール

 「ES ファイルエクスプローラー」はGoogleplayストアからダウンロード・インストールする。

 Android末端でダウンロードする方法もあるが、今回は、パソコンを利用する。

1、Googleplayストアに、Android末端のGoogleアカウントでログイン。

2、検索窓に、「ES ファイルエクスプローラー」を記入し、検索。

3、インストールボタンをクリック。

4、Virtual Routerを起動させる。

5、Android末端の電源を入れ、Wi-Fi接続する。
*Virtual Routerで設定したID・パスワードが登録されていれば、自動的にインストールが始まる。

「ES ファイルエクスプローラー」でパソコンのファイルを見てみよう

1、Androidにインストールした、「ES ファイルエクスプローラー」のアイコンをタップ。

2、ES ファイルエクスプローラーの右上のアイコンをタップ。

3、ファイルの場所が表示される。
・ローカル=Android末端内
・LAM=Android末端内

4、LANにチェック。

5、次の画面で、『追加』をタップし、『虫眼鏡アイコン(検索)』をタップ。

6、パソコン名あるいはパソコンのIPアドレスが表示される⇒該当するものをタップ。

7、パソコンのフォルダが表示されるので、該当するものをタップして開く。
*共有設定されていないフォルダやファイルは、『閲覧権限がありません』とでて、閲覧することができない。

 ES
ファイルエクスプローラー以外にもパソコンとAndroid末端のデータを共有するアプリというのはいろいろある。

 使いやすいものを探してみるのも良いかも。

ES ファイルエクスプローラーのダウンロードはこちら
Android app on Google Play

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

 TOP