iPhoneをスキャナとして利用する方法

 iPhoneがスキャナになるそうだ。

 この間、ネットをはいかいしていたら、iPhoneと専用のスタンドライトを組み合わせ本格的なスキャナとして使うことができる商品が販売されているという話を聞いた。

 SnapLite PD-SL01という商品だそうだ。

 でもいったいどんな風にして利用するのかな?


iPhoneを高性能スキャナにするかしこい照明【送料無料】SnapLite
PD-SL01

専用スタンドライトSnapLite PD-SL01でiPhoneをスキャナとして利用する方法

1、iPhoneに専用アプリをインストール。

2、専用アプリを起動し、iPhoneを専用スタンドライトSnapLite PD-SL01の上におく。

3、自動的に撮影モードに切り替わるので、撮影範囲を示す赤のレーザーライトに従い、ライトの枠の中に被写体を設置、本体のリスのマークをタッチすると撮影できる。

 傾きの自動補正とトリミング機能もついている。

通常のスタンドライトとしても利用できる

 色の切り替えや、明るさを調節するには、iPhoneにインストールしたアプリを使う。

 明るさの切り替えは5段階に調整できる。

 色は暖色系と白の2種類を切り替えて利用できる。

 後ろにUSBポートが付いているので、USBを使うものを接続して電源を供給することもできる。

 

 いちいちスキャンする用紙を差し替えなくてもスキャンしたいものを重ならないように並べて撮影すれば、自動的に1枚1枚の画像としてカメラへ保存してくれるそうだ。

 アナログ写真の整理とかに威力を発揮するかもしれない。

 

 専用スキャナ出して、電源やパソコンにつないで、紙を1枚ずつスキャンしていくって、案外面倒だと思いませんか?

 こういう付属品(というには大物だが)がいろいろあるのがiPhoneの魅力のひとつだよなあ。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

 TOP