OutlookとAndroidの電話帳・連絡先アドレスデータをCSVですべてやり取りする

 CSVファイルを使ってAndroid⇔Outlookでアドレス(連絡先)のやり取りを行う。

 CSVファイルを利用すると、すべてのアドレス(連絡先)のやり取りができる。

 ちなみにAndroidとパソコンのOutlookでアドレスのやり取りをする方法は2つある。

Android⇔Outlookでアドレス(連絡帳)のやり取りを行う方法

・vcfファイルで1件ずつアドレスをインポート・エクスポートする。

・csvファイルですべてのアドレス・連絡先をインポート・エクスポートする。

 vcfファイルを使ったアドレスのやり取りは一件ずつしかできない。

 まとめて、アドレスのやり取りをするにはcsvファイルを使う。

 

Androidとパソコンでアドレスのやり取りをする・必要なソフト

・アウトルック

 古いもので十分。
 アウトルック2013でもダウンロード版なら4000円くらいで購入できる。
 OEM版なら5,580 円。

・Yahoo!スマホマネージャー(これは無料)

・Android末端

Androidのアドレス(連絡先・電話帳)→Outlookにインポートする

 Android末端のアドレス(連絡帳・電話帳)のファイルはvcfファイル(vcard形式)。

 これをCSVファイルに変換するにはYahoo!スマホマネージャーを利用する。

 その後CSVファイルをアウトルックにインポートすれば、アウトルックにAndroid末端のアドレスデーターがパソコンで利用できる。

1、Android末端とパソコンをUSBケーブルで接続して、Yahoo!スマホマネージャーを起動する(Wi-Fi接続もできる)。

2、Yahoo!スマホマネージャーの画面で『デバイス』をクリック。

3、画面下のほうにある『バックアップ』ボタンをクリック。

4、OutlookCSV形式を選んでバックアップをする。

5、Outlookを起動して『ファイル』⇒『インポートエクスポート』⇒『他のファイル、アプリケーションからインポート』を選択。

6、『テキストファイル(Windows、カンマ区切り)』を選択。

7、CSVファイルを指定。

8、フィールドの一致ボタンをクリック。

9、右側のフィールドをクリックしたまま左側のフィールドにドラッグし、フィールドを一致させる。

10、フィールドの一致がすんだら次へをクリック。

 アドレス・連絡先・電話帳のデータがOutlookへインポートされる。

Outlook→Androidへアドレスをエクスポートする

1、Outlookを起動。

2、『ファイル』⇒『インポートエクスポート』⇒『ファイルへエキスポート』⇒『テキストファイル(Windows、カンマ区切り)』を選択。

3、パソコンとAndroid末端をYahoo!スマホマネージャーを接続して『デバイス』⇒『復旧』⇒『CVSファイルを選択』

 

 Outlookはドコモのガラパゴス携帯ともドコモケータイリンクを使ってアドレスデーターのやり取りが可能。

 また、GメールやYahoo!メールなどのwebメールのアドレス帳・連絡先・電話帳などとも相性がよく互いにデータのやり取りがしやすくなる。

 さすがに有料ソフトなだけあるのだ。

おすすめ記事

コメント

  • こんにちは。csvファイルを使ったインポート・エクスポートは手続きが煩わしいですし、私のような素人には結構敷居が高いと思います。同じ有料ソフトを使うなら、専用のソフトウェアを使ったほうがストレスが無く、結局は時間の節約になると思いますよ。
    私はEVOコラボレーターというソフトを使っていますが、双方向で同期出来ますしお勧めだと思います。
    宜しければ、参考にどうぞ。
    http://itnerd8086.blogspot.jp/2014/12/googleoutlook.html

    公式ホームページ
    http://jp.evomailserver.com/product_eco.php

    by 川口    2015年1月27日 5:38 PM

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

 TOP