スマートフォンの連絡先・アドレスのアカウントとアプリ・なんでこんなにたくさんある?

 今使っているAndroidスマートフォン(実は電話でなくて電子手帳として使っているのだが)は携帯電話キャリアはドコモ。

 メーカーはソニー。

 で、このAndroidスマートフォンの連絡先(アドレス・電話帳)の保存先(アカウント)は4つもある。

 Androidスマートフォンの連絡先の保存先はどうしてこんなにたくさんあるんだろう?

 しかも、アプリが2つもある。

 どうやって使い分ければよいのだかわけがわからない。

ドコモAndroidスマートフォンの連絡先(アドレス・電話帳)保存先(アカウント)

・Googleアカウント
⇒GoogleのwebサービスGmailの連絡先と同期を取るためのアカウント。

・Phoncontacts
⇒スマートフォン本体に保存するアカウント。
*contactsは連絡先のこと。

・docomo
docomoの電話帳バックアップサービスを使うためのアカウント。

・ソニーのアカウント?SyncMLSYNCML-ORPHANED
⇒Yahoo!スマホマネージャーで連絡先を見たときに出てくる。
 なぜかスマホ本体ではアカウントとして表示されていない。

 個人的には、webサービスに連絡先データを預ける気にはならないので、Googleアカウントも、docomoアカウントも論外。

 もっぱら連絡先・電話帳アカウントはPhoncontactsに保存している。

連絡先(電話帳・アドレス帳)2つのアプリ?

・連絡先
⇒SDカードへの保存に対応。
⇒我が家のソニーAndroidスマートフォン本体のダイヤルボタンを押して出てくるのがこの連絡先。

・電話帳
⇒SDカードのほか赤外線通信などにも対応している。

 連絡先も電話帳もおなじデータを共有しているようなんだけど。

 アカウントも共有できるようなんだけど。

 ダイヤルボタンで出てくる連絡先の画面からは赤外線通信ができない。

 が、他のメーカーのSIMカードが入っているスマートフォンを見てみると電話帳がダイヤルボタンで出てくる。

 使い勝手がいいのは、『電話帳』のほうなので本体ダイヤルボタンを押したときに表示されるアプリを『電話帳にしたい』!

 のだが、SIMカードが入っていないせいか、うまく電話帳と連絡先が切り替えられない。

 仕方がないので、ホーム画面に『電話帳』ショートカットアイコンをおいてすぐに連絡先が見れるようにしている。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

 TOP