ガラケーのスケジュールは『PIM0000数字.VCF vCard Document』に保存されている

 ガラゲーのスケジュールデーターをパソコンやAndroidスマートフォンなどに取り込みたい。

 DoCoMoケータイリンクを使えば、パソコンのMicrosoftのスケジュールソフトOutlookには、簡単にガラケーのスケジュールデーターをインポートできる。

 だが、其れだと、Android末端であるスマートフォンにデーターをインポートするのがなかなか大変。

 いや、もちろんGoogleカレンダーとかのオンラインカレンダーを使えば、ガラケーからOutlookにインポートしたスケジュールデータをスマートフォンに取り込むのはそんなに難しくない。

 ところが、offラインでインターネットを使わずにスケジュールデータを共有しようとするととたんに難しくなるのだ。

 が、そこであきらめては面白くない。

 ということで、ガラケーの予定表のデーターをSDカードにコピーして、パソコンで見てみた。

ガラケーのスケジュールはどこに保存されている?

 ガラケーのスケジュールをSDに保存してパソコンで見てみる。

 「SD_PIM」の中に『PIM0000数字.VCF vCard Document』と「PIM0000数字.VCS vCal Document」のファイルが見つかる。

 「SD_PIM」の中の『PIM0000数字.VCF vCard Document』は連絡先・アドレスのデーター。

 ガラケーの「SD_PIM」の中の「PIM0000数字.VCS vCal Document」の中にVCalendar形式で予定表のデーターが入っている。

 

 ガラケーどうしなら、この「PIM0000数字.VCS vCal Document」をコピーするだけでスケジュールの共有ができるのだが、パソコン・Android末端で利用するためには一工夫する必要がある。

ガラケーのスケジュールファイルをテキストエディタで開いてみる

 ガラケーの「SD_PIM」の中の「PIM0000数字.VCS vCal Document」の中にVCalendar形式で予定表のデーターが入っている。

 この、「PIM0000数字.VCS vCal Document」をテキストエディタで開くと、文字化けしてるのか、まったく意味不明。

 ここで登場するのが「文字化け解消ツール」というフリーソフト。

 いくつか文字化けを解析する無料ソフトがあるのだが、『文字化け解読ツール Version 2.0.8 MBaker2V2081.lzh』というソフトを使って解析することにした。

 『文字化け解読ツール Version 2.0.8 MBaker2V2081.lzh』で、「PIM0000数字.VCS vCal Document」を解析してみると、ちゃんと読み取れるスケジュールデータが入っている。

 でも、このままの状態で保存しても、スケジュールとしては使いにくい。

 パソコンのスケジュールソフト、Android末端のスケジュールソフトにこのデータを流し込んで、データ共有を図ろう。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Androidスケジュールアプリ・ジョルテと標準スケジュールアプリのデータを共有する
ドコモケータイリンクとOutlook・Googleカレンダーのフィールドは微妙に違う
GoogleカレンダーのPC内へのデータインポート・エクスポート
オンラインスケジュールYahoo!カレンダーとAndroidスケジュールアプリの同期
提供終了したドコモケータイdatalinkをダウンロードする方法
Androidアプリ『スケジュール&メモ』とPCスケジュールソフトFavGCalSchedulerのデータ共有
noimage
ジョルテ(スケジュールアプリ)のCSVファイルフィールドは何を意味している?
Yahoo!カレンダーのインポート・エクスポート
ガラケーの予定表をSDカードを使ってAndroid末端にコピーしよう

Menu

HOME

 TOP