アドホックモードでWindowsパソコンを無線LANルータとして使う

 Windowsパソコンでアドホックモードをつかってパソコンを無線LANのルーター化してアクセスポイントとして利用できる。

 ただし、Android末端はアドホックモードではインターネットに接続できない。

 まあ、知識として。

 パソコン同士は無線接続できる。

アドホックモードでパソコンをアクセスポイント化・利用環境

・アクセスポイント化するパソコンのOSWindowsXP・WindowsVista・Windows7・Windows8。

・アクセスポイント化するパソコンが有線でインターネットに接続されている。

・アクセスポイント化するパソコンに内臓無線LANアダプターがある。
 または、外付けの無線LANアダプター(子機)がある。
 (無線LANに接続できる機種である)

・接続するパソコンやスマートフォン、モバイル機器などに無線LANの子機が内臓または外付けされている。

アドホックモードでWindows7パソコンをアクセスポイント(無線LANルーター)化設定

1、インターネットに接続。

2、 コントロールパネルから「ネットワークと共有センター」を開く。

3、 「ネットワーク接続」を開く ローカルエリア接続をクリックし、「プロパティ」を開く。

4、 「共有」タブの「インターネット接続の共有」枠にある「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れる。

5、「プライベートネットワーク接続の選択」をクリック。

6、「ワイヤレスネットワーク 接続」を選択。

7、「OK」でプロパティウインドウを閉じる。

8、ワイヤレスネットワーク接続を右クリックし、「プロパティ」を開く。

 9、「ワイヤレスネットワーク」タブの「有線ネットワーク」枠にある「追加(A)」を押す

10、ネットワーク名を任意で入力

 11、「ネットワーク認証」を「オープン」に

12、「データの暗号化」を「WEP」に

13、「キーは自動的に提供される」のチェックを外し、ネットワークキーに任意の13文字をアルファベットで入力

 14、キーインデックスは「1」に 15、「これはコンピュータ相互(ad hoc)のネットワークで、ワイヤレスアクセスポイントを使用しない」にチェック

 16、「OK」で閉じる

17、ワイヤレスネットワーク接続を右クリックし、「利用できるワイヤレスネットワークの表示」をクリックすると「任意の名前をつけたワイヤレスネットワーク」ができているので、接続。

18、パスワードを要求されますので、先ほど設定した「任意のパスワード」を入力。

アドホックモードで接続できない場合

1、「コントロールパネル」 ⇒ 「ネットワークとインターネット」をクリック。

2、「ネットワークと共有センター」 をクリック。

3、「アダプターの設定の変更」 をクリック。

4、「ワイヤレスネットワーク接続」 を右クリックして、「プロパティ」をクリック。

5、「 インターネットプロトコルバージョン 4 (TCP/IPv4) 」 にチェックを入れる⇒「 プロパティ(R) 」をクリック。

6、「IPアドレスを自動的 に取得する」にチェックを入れる。

7、「OK」をクリック。

*Android末端はアドホックモードでは接続できない。

 もし間違って、アドホックモードを設定してしまった場合はアドホックモードを解除して、 「SoftAP」と「Virtual Wi-Fi(wireless hosted network 機能・仮想WiFi)」を使ってWindows7を無線LANのアクセスポイント化する。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

 TOP