スリープまでの時間を設定する

 Android末端(スマートフォンやタブレット)のスリープがわずらわしい。

 スリープってのは、一定の時間がたつと、画面が暗くなり、電源ボタンを入れなおさないと、使えない状態になること。

 このスリープ状態に入るまでの時間を調整しよう。

Android末端のスリープまでの時間の変更

1、アプリケーション画面にある〔設定〕アイコンをタップ。

 2. 『画面設定』(機種によっては『表示設定』や『ディスプレイ設定』になっているばあいもある)をタップ⇒『画面消灯』(機種によっては〔バックライト消灯〕をタップ。

3. 画面消灯の時間を選択。

 選択できるスリープ状態への時間は、15秒・30秒・1分2分・10分・30分などなので、どれかを選ぶ。

 スリープまでの時間を長くすると、バッテリーの消費が早くなるなるのでそこらへんの加減は自分の好みで。

 しかし、スマートフォンってバッテリーの消費が激しい・・・。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Androidアプリのウィジェット設置できる大きさの基準は?
『パッケージファイルが無効です』Android末端にアプリがダウンロード・インストールができない
Androidスマートフォンの本体ボタンの使い方
パソコンからAndroidアプリをインストール
Android末端のホーム画面のウィジェット・フォルダ・ショートカットの削除
noimage
Androidスマートフォンの日時設定をしよう
スマートフォンの電池を使い切ると
Androidスマートフォンのホーム画面は1ページだけじゃない
キーボードを切り替えよう
Androidスマートフォンを充電しよう
スマートフォンの節電
いらないAndroidアプリは削除しよう
ホーム画面にAndroidアプリのショートカットをおいてアプリの起動を楽にしよう

Menu

HOME

 TOP